読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I want money.

金が欲しくて始めたブログ

くまみこから見る日常系アニメを求める人間の闇

アニメ

今期のアニメに"くまみこ"がある。

都会にあこがれる巫女兼中学生の"まち"、しゃべるクマの"ナツ"。

田舎者の巫女と神として祀られる熊が織りなす日常系。と思いきや、ギャグ要素も備えている。

 

乗車時に必要なのは?

 ①Suica ②りんご ③バナナ

これの答えがまじめにわからないまちちゃん。マジかっぺ。

ちなみに都会人である自分としても、OIOIをマルイと呼ぶのは納得いってない。

 それとは対照的、熊のナツはWi-fiの概念をふわっと理解している。タブレットを駆使し、ネット通販もお手の物。

 

そんな田舎者と評するのもはばかられるまちとナツのやり取りが楽しい本作。

荒れている。荒れに荒れている。

まず9話のオリジナルが詰まらなかったと荒れた。

次に11話が半分ぐらいオリジナルらしく、やはり原作の面白さが損なわれていると荒れた。

11話の続き、最終話である12話もオリジナル要素が荒れまくった。

 

日常系アニメに求められるのはいわゆる"優しい世界"。

誰も深く傷つかない。私たち…みんな仲間だもんげ! と言わんばかりの方向性がもてはやされる。

別にそれは良い。そういう方向性を求めてアニメを見ることが悪いなんて言わない。

くまみこなんだから無条件全肯定しろ! なんて原理主義者的な主張をする気はない。

 

ぶっちゃけオリジナル要素はつまらなかった。原作未読の自分でも違和感を覚えるほど。これアニオリだよなー方向性ズレてんなーと思いながら見てた。

つまらない、という感想が出てくることはわかる。

脚本家ほんとわかってんのかよ、なんてつぶやきも理解できる。

最終話でまちの精神が後退しているように見えるので、カミーユエンドなどと揶揄されるのも止む無し。

 

しかしわざわざ煽るやつは何だ。

くまみこオワコン」「円盤予約キャンセルしました」

これらの発言した全員が全員、くまみこを視聴していた層だとは思わない。

しかし、この中にはくまみこを楽しんでいた層も含まれるだろう。

面白かったアニメがつまらなく感じ、悲しくなったり離れていくものもいるだろう。

しかし楽しみをくれたくまみこ自体を攻撃する人たちは何だろうか。

まるで長寿アニメがつづくことになぜか嫌気がさした思春期の頃の自分なんだろうか。

 

と書いてて気づく。

実際、思春期のような精神状態なんじゃないだろうかと。

まさか自分のようないい年をした大人が、つまらなくなったからと言って楽しませてくれたアニメそのものをDVを振るうダメ人間のように攻撃するはずがない。だからみんな若く幼い精神性を持った子供なんだ!

そういう理屈を考えた。

しかし齢30にもなればこれはあくまで理屈であると知っている。

おっさんだろうと…いやおっさんだからこそ攻撃的になってしまう大人がいることを知っている。

声を荒げ、気に入らないことを露わにし、第三者という立場を利用して石を投げるような人間が存在することを知っている。

 

ぶっちゃけ荒らしたいだけで作品を楽しんでない人間はどうでもいい。

でも、くまみこを一時でも楽しんだあなたがいるのなら。どうか作品に石を投げるのはやめてください。

アニメとして作品がつまらなくなってしまったのは残念でしょう。がっかりするのもわかります。

それでも、あなたが大人でも子供でも。自分に良い時間をくれた作品に鞭を打つようなことはしないでください。

くまみこは確かに、あなたに良い時間をくれたのですから。

遥か凍土のカナン

ライトノベル

星界社FICTINOSをご存知だろうか。

月半ばに発売されるライトノベル(異論は認める)のレーベルである。

近くの書店にはろくに入荷されず、あったとしてもメディアミックス作品ぐらいしか置いていない。

そのため大型書店に行くのだか、梅田周辺でも紀伊国屋か泉の広場近くのBOOK1stにしか欲しい本がない、なんてことがしばしばある。

そこにもなかったら難波のメロンブックスにまで足を延ばす。何故かそこでは山積みされて置いてあることが多い。

挿絵はフルカラーで5ページだが値段は1300前後とお高い。

そんなレーベルから発売されているのが著:芝村裕吏の「遥か凍土のカナン」である。


重苦しい日露戦争真っ最中の話から始まった本作。

戦争も終わり出世の見込みがない騎兵大尉の新田良造。結婚しようとしてた女が若い男に揉まれているのを見て捨て鉢になっていたところ、ロシアからの独立を夢見るコサックの姫がやってきた。とりあえず国に送り届けようとしたら諜報機関からついでに日本の支援国家を作ってこいと密命を与えられる。


旅の途中で知り合ったのは親父が金持ちのユダヤ人や陽気なコサック、無職共産党プーチンや銀行強盗ヨシフおじさんなど、いろんな人から怒られそうな面々である。


物語は諸国漫遊の前半からそんな彼らとの国作りに徐々にシフトしていく。

国がどうなるかは同作者の別シリーズ「マージナル・オペレーション」 外伝からある程度は読み取れるのだが、それでもどうなるかは気になるもの。 


最終巻となる7巻においてその結末が語られる。

国作りゆえに何年云十年とかけて綴られた物語。出会えたことに感謝を。

はてなブログ記事のカテゴリ削除方法について

ハウツー

ブログ記事をカテゴリ分けしているのだが、半分以上が雑記となった。 

雑記。汎用性が高いけどふわっとした単語。便利だけど区分けとして参考にならない。

 

というわけで、共通する概念を考えてハウツーというジャンルを作った。

ハウツーブログ…胡散臭い。

だがしかし、思い返せばブログの開設方法も独自ドメイン取得方法もブログを見て行ったのではないか。

なんだ、ハウツーブログ胡散臭くない。

 

全然関係ない話だがネットワークビジネスに誘われた時、胡散臭くないよ健全だよ大企業とも提携してるよとひたすら過剰にアピールされた。

 

せっかくハウツーを作ったので、はてなブログ記事のカテゴリ削除方法を紹介する。

最初、間違って記事に付けたカテゴリを消そうとしたが消し方がわからなかった。

調べるとはてな開発室で公開しているのだが、ぶっちゃけ初見で分からなかった。

結局カテゴリをすべて削除するという荒業で対応したのだが、正直いまどきのウェブデザインでこんな方法しかないなんてナンセンスだ。

しかも、10年前にはSMS先駆けとして華々しいデビューを飾ったこの"はてな"で。

よくよく調べると、カテゴリを消さずとも記事の編集画面で消せるとあるではないか。

しかし、文字だけの説明のためか初見ではわからなかった。

自分がオンリーワンなわけはないので、同じような轍を踏むだろう人に向けて画像での説明をここに記す。

 

f:id:b_taro:20160615205315p:plain

 

記事編集画面で①のフォルダアイコンをクリックして、②のカテゴリ名の横の✕を選ぶ。

簡単! 明快!!

しかし文字だけと画像があるのは違うものだ。

百聞は一見に如かず。

概念はあれども単語のみで伝えるのは難しい。

人間がなかなか分かり合えないのも納得だね。

モチベーションの上げ方

雑記 ハウツー

モチベーションがどんどん落ちていく。

仕事ではなくブログへのモチベーション。

原因ははっきりしている。

仕事に対する不満が減ってきており、このまま続けてもよいと感じてきているのだ。

 

このブログは仕事以外の収入が欲しくて始めた。

今の給料はそんなに高くないと思っている。

転職するとなるともっと下がるかもしれない。

その際の保険として別の収入源を持つために始めたが、ぶっちゃけまだ1円も稼げていない。目に見える成果がないとモチベーションが上がらない。

 

そんな状態で仕事の不満が解消されつつあり、仕事の収入があればいいかな、などという考えがもたげてきている。

喉元過ぎたので熱さを忘れた状態。よくない。

不満がない状態だからこそ別の選択肢への準備を行い、不満が発生した際に選べるようにすべきだ。

 

仕事のモチベーションが落ちていたとき、どのように効率を上げたのか思い出す。

まず、ふわっとしたスケジュールがある。無いなら作る。

次に、スケジュールを達成するためのアクションリストを作る。後で見直せるならメモでも何でも良い。

その後、各アクションがスケジュール期間中にどうにかなるか考える。この際スケジュールの詳細化も行う。そして、優先度を決める。

これは何日までだから優先度を高くする、これはやりたいことであって必要なことではないから優先度を下げる、最悪は実施しない、などなど。

ここで必要ならスケジュール修正も行う。

数時間でできそうな作業なら、1日中をかけて良いなど余裕をもってできるようルールを作る。集中力切れや検討時に必要と気づけなかった作業など、予想通りにいかないことが発生するからだ。もし早めに終わったら次の作業に手を付けてもいいし、スケジュールやアクションリストの棚卸をやってもよい。多少さぼってもよい。

 

それから作業を始める。手の付け始めはかなり気がのらないが、最初より1時間後、1時間後より1日後、1日後より1週間後。続けていくことで理解が深まり作業が早くなってうまくやれている感が出てくる。そうなるとモチベーションがどんどん上がってくる。このサイクルになると勝手に手が進む。やるべきことがやりたいことになる。

 

上記状態になればモチベーションは大丈夫。あとは、週1回ぐらいでいいので現在やってるスケジュールとアクションリストの棚卸をやる。スケジュールの進捗状況、作業中に新しく必要と思ったアクションや、逆に不要と思ったアクションを修正する。

 

これらを基に1日で実施する仕事を決め、定時間に終わらせた。

よし、思い出した。

 

じゃあ、まずはスケジュールとアクションリストの作成から始めよう。頑張れば今日の夜にはできるだろうから、明日中に完成させることを目標とする。

人生を生きるコツ

ハウツー

仕事をやめようと思っていた。

理由はいくつかあるが、一番は上司とそりが合わなくなりつつあるからだ。

10年ぐらいの仕事人生。その中の半分以上の付き合いがある上司。

 

弁が立ち技術に明るく資料作成能力がある上司。コミュ力も高め。

人を小ばかにする癖があり小狡さが見えるときもあるけど、人間だからまあ欠点ぐらいあるよね、そう思えるぐらいには好いていた。

相手は人なんだからちゃんと接しないとひどいことになるぞ、と言う仕事論は今も心に残っている。(体現できているとは言ってない。)

そんな上司に愛想が尽きたのは、ちゃんと接してもらえなかったからである。

 

技術屋なのでシステムとしてどうあるべきと定め、それを目標に仕事をすることが多い。しかし限度がある。

何年も前からやってるから今回もできるだろう、そう言って20代だからできたこと30代の人間に押し付けられても困る。

システムに追加の機能があり、参加する人数は減っており、やるべき仕事は増えている。そこまではいい。

ろくに触ったことがなく仕様書を読むだけで判断できないシステムもあるのはどういうことですか。未経験の人間だけでどうしろというのだ。試験する内容の正当性すら判断できないんだぞ。識者が忙しいのは知ってるが、巻き込まないと仕事にならないでしょ。

それに仕事量が多すぎて回らないから削る検討をしようと言ってるのになぜ通らないんですか。そっちも忙しいのはわかるが、プロジェクトが回らないと困るでしょ。

そう言うと、自分を言い負かせば全部解決するかの如くまくし立てる。弁が立つから相手を言い負かしてイニシアチブを取ろうとする。上司の悪い癖だ。

 

幾度上司に言い負かされても、無理なものは無理なので何度も提案する。

理由が無い? いや今言ったことがあるでしょう? 設定値の確認は取れているし、同じような試験を何パターンもやる必要はないでしょう? 優先度決めましょう?

上司がうなずかない理由はいろいろあるが、一番はムキになっているからだ。 

そんなある日、仕事をしながら「やはり無理だから対応が必要です。」そう言ったらこう言われた。

「お前が忙しいのも、そのシステムに詳しくないのも知っている。それでもお前がやることになってるんだからお前がやれ!」

その日、社長に電話して開口一番辞めますといった。

色々とできないまま辞めると逃げ、そういう思いが個人的にある。それでも辞める言うほど上司に対する信用がなくなった。

 

色々あって、とりあえず仕事と割り切ってやろうと今日も働いている。

そんな最近の自分は、上司に対するNoの言い方を覚えた。

多忙な人間がいれば手伝ったりするのはやぶさかではない。

しかし、上司に対しては表情や声色などを無視し、言ってる内容が納得できるかどうかで判断するのだ。だって信頼してないから。

理屈の正しさや仕事の押し付けではないか、リップサービスで請け負った仕事でないかをはっきりさせるようにしている。だって信用してないから。

弁をまくし立ててきた場合、相手の理屈は無視する。そうですか、じゃあやらないです、とはっきり言う。だってあなたの仕事を受けたくないから。

関係が崩れてもいいと思うこと、口にするのは理屈だけというのがポイントだ。あとは、他人の目線がある場所でそういうやり取りをやること。第三者が多ければ多いほど良い。だって上司の立場が悪くなるから。

そうするとどっちが正しいか見えてくる。正しくない理屈を言ってるやつは声を潜め妥協することになる。これは自分が間違ってる場合にも有効なので大事だ。

 

そういうことを続けていると、あまり無茶は言わず、まともなことしかな言わなくなってきた。まともなことなら普通にやる。

 

こういう状態になりつつあるので、辞めようと思ってた気持ちが薄れつつある。

正直、同じようなことはいずれあると経験則から確信してる。

その時はいつもで辞めてやると考えている。

 

これしかない、ではなくこれもあるという状態。選択権を持つのが人生を生きるコツなのではないだろうか。

決定権がない物語

ライトノベル

先日、変態王子と笑わない猫、通称"変猫"の11巻を読んだ。次が最終巻とのこと。

この巻でやりたいことは一通り終わらせてる印象なんだけど、すごく打ち切り臭がする。編集か作者かはたまたその両方かわからないけど、話を終わらせる方向に持っていってる感じ。

 

変猫にはイタリアようじょがいるのだが、そのパッパは何気に物語の重要な立ち位置を占めているように感じた。

北欧神話でいうロキのようなトリックスターであり、かもするとラスボスなんじゃね? と思わせるほどに存在感があった。

登場比率的にはそれほど多くないのだが、主人公である王子に対して顔を近くしてホモかしらん? と匂わせつつ物語の重要な事を知ってるよ、と言わんばかりの一言を放つ存在、それがイタリアンパッパである。

 

そもそも変猫は、王子の変態性をなめらかにまき散らして話を脱線することが多い。1巻は4割ぐらいあった気がするが、最近は6割ぐらいある。実際は6割どころじゃない気がする。逸れた話は脱線し終わってから忘れたころに語られる。

 

具体的に言うと、なぜ世界に不幸は尽きないのだろう。そもそもスク水やブルマやようじょがいれば世界はハッピー、だからみんなで一色に染まろうわっしょい。ぼくは変態じゃないけどそう思うんだよね。あれ、なんで後輩幼女ちゃんは死刑判決を告げるかのごとき表情でぼくの手を掴んでるのもしかして手相でも見てくれるのかなでも指はそんな方向に曲がらないよいてててて。

不断の謝罪の結果、僕は執行猶予をもらいつつ半分刑を執行された死刑囚として生きる権利を手に入れた。グラッツェ! みたいな感じ。(すごく適当)

 

そんな感じに逸れまくってるのが常なのだが、パッパが一言つぶやくとヘビーな話なんだよ、と即座に軌道修正されるほど重量感があった。

 

そんなパッパが実は単なるいい人でしたー、というのはまあ良い。

だが、なぜパッパがそんな存在感を出していたのか語られたであろうシーンが削られたのであろうか。

十数ページに渡って彼がどのような激動の軌跡をたどって今の立ち位置を確立したのか、それが語られなかったのはなぜだろうか。イタリアンようじょマッマであるところの困り眉のおっぱいお姉さんという個人的どストライクキャラといかにして知りあい愛の芽生えとなるシーンが省かれ王子と一緒におっぱいっぱい言うシーンだけが残ったのだろうか。

 

ぶっちゃけ言うと、変猫は脱線が多すぎて話が進んでない感はあった。

脱線妄想が売りであるこの作品、そのために物語として遅々と進んでない巻が多い。

正確に言うと後半の巻に多い。

前半は脱線しつつも起承転結できちんと占めてたと思うのだが、後半は迷走してる感が否めない。それでも何とか終結しようとして今巻が苦心の末に納得できる形で生み出されたように感じる。

前巻と今巻の脱線を多少省けば1巻でまとめれる内容だよね? と言いたい部分とかも多々あった。

シリーズものなのに1年以上空いたよね? とかはちゃんと出してくれたから良いや。

 

今巻の王子は決定権を持っていない。

持っているのは作者と編集であり、そのどちらか、あるいは片方によってイタリアパッパのストーリーが削られた。

変猫、あるいはMF文庫Jのカラーとして、重い話ではなく心地よい話を、となったのかもしれない。

終わらない2006年があったりする世の中、物語を納得いく形で終わらせてくれるのは幸いである。

それでも変猫の物語性も多少なり期待してた身としては、やはり残念でならない。

 

最終巻は、王子こと横寺陽人の匂わせつつ語られなかった物語が多くなると思う。

決定権がない一読者ではあるが、どうか変猫の物語性も愛した人間にたいして心地よい物語とならんことを。

人を動かす言葉

雑記 ハウツー

硬い米が嫌いだ。

食べるとえずくし、ひどい時は本当に吐く。

硬い米を食べるのが嫌で吐いたらお残しも許されるだろう。

そう思って子供のころにオエオエやりながら食べていたら本当に吐くようになった。

30過ぎた今でも吐きそう。

 

そんな理由から、硬くなりやすい炊飯器の早炊きが嫌いだ。

なのだが、我が家ではいつも早炊き。

普通に炊いたほうがうまい、早炊きだと工程が抜けてまずくなる、硬い米は食わない、などなど主張したり実際に食わなかったりしたのだが、それでも早炊き。

毎日ではないが、何年間も早炊きやめてくれと言ってるのに変わらない。

一度、勝手に早炊きから設定変更したが、次の日からは何事もなかったように早炊きに戻っていた。

 

そんなこんなでここ2,3年は何も言わなかったのだが、ふとあることを思いついた。

念のため、ググって確認もとる。想定通り。

買い物から帰ってきた母。私がいることに気づくと炊飯器のボタンを押した、その時。

 

「早炊きにすると電気代って1.5倍になるらしいよ」

「へー、ほー、ふーん。 普通に炊こうか?」

 

早炊きを始めている炊飯器、それをわざわざ止めて[極うま]に設定変更。

人を動かすには言葉を羅列するだけではだめだ。相手が何を気にしているか、それを見極めなければ。

 

金の力は偉大だな、そう思いながら硬くない飯を食う。

うまかった。我が家にきて3年ほど経つ彼。

黒光りした早いだけのやつだと思っていたが、こんな能力を隠していたんだな。

 

それが昨日。

今日の飯の準備が進んでいる。

冷蔵庫にネギまが入っているが、使われるのが2,3日後とかざらにある我が家。

黒い彼の設定はなぜか早炊きに戻っていた。

どうすればいいんでしょうね。