読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I want money.

金が欲しくて始めたブログ

スポンサーリンク

Rewrite 2nd Season 第24話「君と叶えた約束」まとめ Terra編第8話(最終回)

Rewrite第24話が放送されました。
Terra編の最終回であり、Rewrite全体の最終回でもあります。

瑚太朗はガイアを裏切り、ガーディアンを裏切った瑚太朗。
仲間を切り捨て、友人だった小鳥を切り捨て、とうとう師であり恩人であった江坂さんまで切り捨てます。
Rewrite能力で自身すら蝕んだその先に何があるのか。
とうとう最後です。

いつか、また君と会いたい

f:id:b_taro:20170326184631j:plain
Moonで瑚太朗が祈った願い。

f:id:b_taro:20170326184757j:plain
月の篝は、未だに独りで月にいるのです。

聖歌隊

f:id:b_taro:20170326185212j:plain
加島桜の主導する聖歌隊が歌う滅びの歌により、世界の救済が実行されていきます。

ガーディアン

f:id:b_taro:20170326185418j:plain
鍵を探索できる超人をヘリごと撃墜し、江坂さんも殺した瑚太朗。
ガーディアンに見つかり、当然裏切者として扱われます。

f:id:b_taro:20170326185726j:plain
隙を見てガーディアンから逃げ出した瑚太朗は、ガイアの歌が響く樹に向かって進みます。

f:id:b_taro:20170326190130j:plain
その途中で先に進んだと見せかけて、ガーディアンの面々を先行させる瑚太朗。
ガーディアンの面々は配置された魔物たちに全滅させられかけていました。

f:id:b_taro:20170326190313j:plain
生き残った今宮と西九条を助ける瑚太朗。
お前は何がしたいんだ、という問いに星を救うと答える瑚太朗。
小鳥の保護を西九条に頼み、瑚太朗は聖歌隊の元に進みます。

ガイア

f:id:b_taro:20170326190945j:plain
年経た魔物ゆえに知性を持った地龍。
守護神である地龍にとって、ガイアの人間は子供に等しい。
子供の望む滅びを実行させるために、瑚太朗の前に立ちふさがります。

f:id:b_taro:20170326191445j:plain
上書きの行い過ぎにより、血ではなく命であるアウロラそのものが噴出するようになった瑚太朗。
足を食いちぎられてもアウロラで補完し、地龍を打ち倒します。

f:id:b_taro:20170326191930j:plain
地龍を倒した後、上ったガイアの樹。
そこにいた加島桜と聖歌隊は、地龍の召喚で命を消耗しきって全滅していました。

f:id:b_taro:20170326192017j:plain
そんな聖歌隊の中で、かろうじてまだ生きている人間がいました。
かつて瑚太朗と縁があった福井子です。
養護施設えにしの家の子供たちは、障害により未来の可能性が閉ざされた者たちがたくさんいました。
そんな状況に絶望し、井子さんは破滅を望んでガイア主義に染まっていったのです。

f:id:b_taro:20170326192436j:plain
井子さんから話を聞き、石の街から千里朱音を連れ出した瑚太朗。
朱音に護衛として魔物を渡し、自分はやることがあるから誰かに助けを求めるよう言い渡して別れます。

あの丘へ

f:id:b_taro:20170326192728j:plain
樹木化が激しく人間としての体を保っていない瑚太朗ですが、それでも篝の待つ丘へと向かいます。

f:id:b_taro:20170326192937j:plain
瑚太朗のあがく姿を良い記憶だったと評する篝。
しかし、救済を止めるには間に合いませんでした。

f:id:b_taro:20170326193110j:plain
f:id:b_taro:20170326193240j:plain
Moonで見つけた可能性をたどる運命にある瑚太朗。
篝火に導かれるまま、篝を刺し貫くことで救済を止めます。

良い記憶

f:id:b_taro:20170326193722j:plain
篝に出会い、惹かれ、世界を救済するために仲間を裏切り、何人も殺し、挙句の果てに篝自身も手にかけたこと。
瑚太朗は"呪い"と言います。

f:id:b_taro:20170326193742j:plain
篝は"祝福"と言いました。
未来を切り開くための力と意思。
たとえ自らの母を食いつぶしてでも広がっていかなければならない。
それが、良い記憶。

f:id:b_taro:20170326194002j:plain
瑚太朗は、ただ篝を気に入っていただけなのに。

篝火を掲げし者

f:id:b_taro:20170326194313j:plain
瑚太朗から流された情報を保持していたヤスミン。
救済で文明が崩壊する中、かろうじて生き残っていた通信インフラを使い、人類が生き残るための超人と魔物使いの技術を公開します。

f:id:b_taro:20170326194432j:plain
f:id:b_taro:20170326194539j:plain
これにより、人類は生き残るために己の命を使う術を覚え、資源を無駄に食い潰さず広がっていくことが可能となります。

数年後

f:id:b_taro:20170326194745j:plain
瑚太朗が亡くなった場所には、数年で樹高500メートルに届く樹が育っていました。
命を使う文明で育った少女たちは、その樹から魔物を生み出すことに成功します。

f:id:b_taro:20170326195219j:plain
樹から生み出された魔物は人型であり、言語を解し、少女たちに召喚されたことを理解します。
万人単位の命をもらえれば太陽系の外にでも行けるというその魔物。
5人分の命を少しずつもらい、月まで一っ跳び。

君と叶えた願い

f:id:b_taro:20170326195452j:plain
樹から生み出された魔物は少女たちと共に月に降り立ちます。
そこでは、地球にアウロラを返還して、ずっと地球を眺め続けていた月の篝がいます。
魔物と篝はいつかの約束を叶えたのです。



これにて学園ファンタジーの振りした能力バトル物の皮をかぶったSFなラブストーリー完結です。
「まだ空は青い!」や石の町の救出劇など、カットされててがっかりなシーンはありましたが、最後の"また君と会いたい"がかなった追加シーンは良かったです。
色々カットされた部分については、本編にFDも付いてるRewrite+(Windows用)か、Vitaで出るRewriteをやってもらえればと思います。

Rewrite+

Rewrite+

Rewrite

Rewrite

Rewrite

Rewrite